「ヤコブへの手紙」観ましたか

短い映画ですが、爽やかな哀しさと共に小さな希望も覗けるような作品でした。ただ聖書の言葉がわからないと、抽象的でよくわからないシーンもあると思いますが。。。老牧師のヤコブ、刑務所から出てきたばかりの女性、一見聖と俗、善と悪のようにみえて実はそんなに薄っぺらではない人間の内面を映し出していきます。キリスト教は二元説ではないことがよくわかるかなぁ。神様からご覧になると、牧師も囚人も私もあなたも同じ人間なんですよね。
北欧の曇り空に浮かび上がる古い礼拝堂の景色が、いつまでもいつまでも胸にこびり付いていました。
Posted by kume (kume) at Sat Feb 19 01:12:22 2011